コレクションラック ミニカー フィギア プラモデル収納に最適
フィギア・ガンプラ・ミニカーコレクションに最適収納ラック

2012年06月11日

RGガンダムRX-78を作る。その3

今回は胸部の製作

黄色のフィンの部分には金属感を出すために一枚一枚にステッカーが張ってある。
ただ、とても小さいのでカッターナイフの刃先に載せて貼り付けた。
DSC_0309.jpg

コア周りの外装をとりつけ
DSC_0312.jpg
ランドセルはこんな感じ。バーニアは可動する。
DSC_0315.jpg

胴体への取り付け。
DSC_0320.jpg

次回は腕の製作になる。
posted by romrom7 at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

RGガンダムRX-78を作る。その2

今回は足パーツ、胴パーツの製作。

右足を作り両足が完成。
DSC_0302.jpg

胴パーツ、特に腰部部を製作。
DSC_0303.jpg
スカート部分のパネルがすべて稼動する。
DSC_0304.jpg
ただ、丁寧に扱わないとぽろぽろ落ちるので注意。

足を取り付けて、完成。
DSC_0307.jpg

これで1/3ほどできたことになる。
次回は胸部パーツの製作。
posted by romrom7 at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

RGガンダムRX-78を作る。その1

久々のガンプラです。今回はRGシリーズのRX-78に挑戦してみます。
ただ、あんまりこだわりすぎず、ノーマルを楽しんでみようと思っています。

DSC_0258.jpg

RGとはリアルグレード。1/144サイズでもMG並みのディテールと可動領域を実現するそうですが、果たしてその実力は。

DSC_0251.jpg

説明書どおりで行くと、まずは足の甲から。
このパーツだけでも足が3分割で可動します。

DSC_0263.jpg

DSC_0262.jpg

足を作ってみましたが、この曲がり方と、曲がったときに装甲パネルがスライドしています。
アドバンスMSジョイントの威力ですね。

今回は時間でここまで次回は右足を作ります。
posted by romrom7 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

意外と役にたった戦車 1/48 タミヤ II号戦車

タミヤから1/48スケール ドイツII号戦車がリリース。
第2次世界大戦の初期に電撃戦で活躍したII号戦車。
III号戦車開発までのつなぎ役として、作られたが
その基本性能は高く、戦争中期も活躍した。



プラモデル戦車特集はこちらから
posted by romrom7 at 18:58| Comment(4) | TrackBack(0) | プラモデルミリタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

銀色に輝くEF81-300



カートーからの新製品情報。EF81-300がフルリニューアルで登場。
開門海峡トンネルで使用するために防錆対策としてオールステンレスボディーとなっているEF81-300を再現。
交流直流を切り替えることができる車両の複雑な配線をが施されている屋根を精密にディテールアップ。

【カトー KATO Nゲージ 鉄道模型】3067-1 カトー KATO EF81 300番台 Nゲージ 鉄道模型 (N2767)

鉄道模型の情報はコチラから
posted by romrom7 at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

ミレニアムファルコン 再登場



レゴからミレニアムファルコンが再登場。
こんかいはエピソード4からデススターより逃亡するシーンを再現。
毎回ミレニアムファルコンは売り切れ必死なので、早い購入をオススメ。

レゴ スターウォーズ
posted by romrom7 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

タミヤ プラモデル11月新製品情報

タミヤ11月現在の自動車プラモデル最新情報です。

■1/12 ウルフ WR1 1977【12044】

【2008製品安全対策優良企業受賞・Pマーク取得企業】1/12 ウルフ WR1 1977【12044】 【税込】 ...
1977年のF1グランプリ開幕戦、アルゼンチンGPに初登場しデビューウイン。新チームによるニューマシンがデビュー戦で優勝するという史上初の快挙をなしとげたのがウルフWR1です。チームオーナーはカナダの石油王として知られたウォルター・ウルフ。ウェッジシェイプのサイドポンツーンを持ち、軽量・コンパクトに仕上げられたウルフWR1はH.ポスルスウェイト博士がデザイン。J.シェクターのドライブによりモナコGP、カナダGPでも優勝しドライバーズランキング2位を獲得、さらに1台体制ながらチームランキングも4位となり一躍注目を集めたのです。

■1/18 マクラーレン M8A 1968【10008】

2座席のオープントップボディに、排気量無制限のエンジンを搭載したモンスターマシンによるレース、カナディアン-アメリカン・チャレンジカップ、CAN-AM。このCAN-AMシリーズにおいて、1967年から71年まで5年連続でチャンピオンの座に君臨し、そのカラーリングからオレンジ旋風と呼ばれたのがブルース・マクラーレン・モーターレーシングのマシンです。マクラーレンM8Aは軽量化と空力を徹底的に追求して開発された1968年用マシン。シャーシはモノコック後端にエンジンを結合するF1マシンとほぼ同様の構成を採用。スタイルはウイングにたよることなく、ボディ全体でダウンフォースを生み出すウェッジシェイプフォルム。また、エアインテークにクサビ状のNASAダクトを採用しているのも特徴です。パワーユニットは620馬力といわれるシボレーのV型8気筒7リッターエンジン、長さが40cmもある8本のエアファンネルが目を引きます。この年、全6戦中D.ハルムが3勝、B.マクラーレンが1勝しチャンピオンマシンに輝いたのです。

■プラモデル グランプリコレクション 1/20 ウルフ WR1 1977 タミヤ

★1/20スケールのプラスチックモデル組み立てキットです。全長199mm、全幅100mm。★ウェッジシェイプのシャープなラインを実車そのままにモデル化。★DFVエンジン、トランスミッション、サスペンションなども精密に再現され作りごたえも十分。★シンプルなコクピットには各ペダルやシートクッションもパーツ化。★ゴールドのグラフィックやカナダ国旗、カストロールなどのマーキングは高品質なカルトグラフ社製スライドマークを用意。★精密感をいっそう高めるエッチングパーツと金属製エアファンネルカバー付。★コクピットカウルとインダクションボックスは完成後も脱着可能。
posted by romrom7 at 15:24| Comment(9) | TrackBack(0) | プラモデル車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

今月のトミックス新製品情報

今回は鉄道模型の新製品情報

TOMIXの公式ページよりいくつかピックアップ


■JR 115-1000系近郊電車(信州色)セット


■2722 タム500形タイプ 


■JR キハ183系特急ディーゼルカー(オホーツク)セットA


■2722 タム500形タイプ 
ラベル:TOMIX 鉄道模型
posted by romrom7 at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

オートアート 最新モデルは

ミニカー 最新情報


今回はオートアートの最新モデルをチェック。


モデルカーショップ ブランドナンバー

よりチェック



■ケーニッヒ フェラーリ 512BB コンペティションライト BBSホイール レッド


■フォード ブリット マスタング GT 2008 (ハイランドグリーン・メタリック)


■トヨタ 2000GT (レッド) アップグレードバージョン
posted by romrom7 at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

最近のラジコン状況

最近のラジコンの人気動向を調べてみた

とりあえずは、楽天ランキングで大まかな動向を見てみよう


楽天ランキング ラジコンへ


一位はこれ


■3chジャイロ搭載赤外線コントロールヘリコプターファルコンXUSB充電ケーブル付属
二重反転プロペラで抜群の安定感。赤外線リモコンタイプで下降上昇だけではなく、前進もできる。この前進というのが低価格RCでは意外と少ないのでこれはポイント。

2位はこれだ

激リアル★F-18 ホーネット●ブルーエンジェル 戦闘機 ラジコン 飛行機 4chブラシレス ダクデットファン

これは本当にリアルだ。商品ページに動画があるが、本格ラジコンといってもいいくらい。背面飛行も楽々とこなす実力だ。これで1万7千円は破格といってもいい。


全体の傾向
ラジコンヘリコプターが全体的に強い。5,000円前後で室内でも飛ばせるところがニーズにあっているのだろう。ラジコンカーは走らせる場所までの移動が大変だからね。

最後に気になるアイテム


タミヤは復刻に力を入れてますね。とうとうタイレル6輪まで出ちゃいましたね。
以上!!

posted by romrom7 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。